高齢者

コラーゲンとエラスチン

いつまでも若々しい肌を保っていたいのは、女性であれば誰もの願いですよね。
若々しい肌、理想の肌と言えば、究極的には生まれたての赤ちゃんのような肌で、ぷるんとしたハリと弾力、潤いのある肌ですね。
このような理想の赤ちゃん肌には、コラーゲンがタップリと含まれています。

コラーゲンは、お肌の真皮層にあるもので、その上にある表皮のハリ、弾力、潤いを保つ役割があります。
しかしこれは年齢とともに減少していくもので、20代をピークとしてどんどんと失われていくのです。。
これが少なくなることで、ハリ、弾力、潤いがお肌から失われていき、乾燥肌になるのです。

お肌が乾燥することで、シワや肌のたるみになり、さらに肌サイクルが乱れることから、シミができやすくなり、肌のくすみも気になるようになるのです。
このようなお肌の衰えは、コラーゲンが減少していくことに原因があるのですね。
若々しい肌を保つためにはこれとともにエラスチンを同時に摂ることが大切です。

エラスチンは、繊維状のコラーゲンを束ねるような働きのある弾力繊維で、ゴムのように伸縮するのでお肌の柔軟性を保つ働きもあるものです。
コラーゲンと同様に真皮層にあるエラスチンは、コラーゲンを束ねるようにして、肌に弾力を与えています。
エラスチンが不足してしまうと、これを束ねることができなくなって、肌の弾力が保てなくなるのです。

そうなるとシワやたるみの原因になるのです。
紫外線やストレスなどが溜まっていくと活性酸素が発生し、このエラスチンやコラーゲンにも悪影響を与え、コラーゲンと深い関わりのあるエラスチンとのネットワークが壊されてしまうことにもなります。
またエラスチンも年齢とともに減少していきます。

コラーゲンと同様に40代あたりから急激に減少するため、肌にはシワやたるみ、くすみなどが目立ってくるようになるのです。
エラスチンは若々しい肌には欠かすことのできないものです。
年齢を重ねることは仕方のないことですが、ストレスや紫外線などからカラダをできるだけ守るようにすることが大切です。
また化粧品やサプリメントで、ふたつを同時に摂ることも若々しい肌作りには有効ですね。


このページの先頭へ